小顔美人になるために知っておきたい「顔が太る3つの原因」とその対策について

誰もが憧れる小顔美人。

顔痩せしたい、小顔になりたい、多くの女性はそう望んでいるのではないでしょうか。

そこで今回は、顔が太る原因の中から一般的なものを3つあげて、その対策についてもお話し致します。

ぜひ参考にしていただければと思います。

顔が太る3つの原因

顔が太る原因はさまざまですが、一般的な原因は「顔のむくみ」「脂肪」「顔の筋肉の衰え」の3つがよくあげられます。

まずは、それぞれの原因について詳しく説明いたしますので、理解を深めていきながら対策を考えていきましょう。

顔のむくみ

顔がむくむと太っていなくても顔が大きく見えてしまいます。

むくみの原因となっているのは老廃物で、めぐりが悪くなると溜まりやすくなるため、アルコールや塩分の摂りすぎには注意が必要です。

また、トイレの回数が減ったり、汗をかきにくいと感じている場合は、水分代謝が落ちている可能性もあります。

加齢によって水分代謝は落ちていきますので、年齢を重ねるごとに顔はむくみやすくなっていきます。

脂肪

最近太ったかな?と思ったときに、顔の太さが気になるようになった場合、脂肪が原因となっている可能性が高いです。

脂肪の付き方も人それぞれですが、顔から太るタイプの方もいますので、体は太ったと感じていなくても、最近の食事や運動の状況を見返してみて、太る原因に心当たりがあるようでしたら、むくみではなく脂肪が増えてるのかもしれないと疑ってみましょう。

顔の筋肉の衰え

顔の筋肉量は、加齢とともにどんどん落ちていきます。

筋肉が衰えていくと、顔のお肉は下がっていきますので、たるみやすくなります。

このたるみ二重あごを作り出し、顔の下部分が太ってきたように見えてしまいます。

今の時代は、スマートフォンなどを見るために下を向いている人が多いので、顔の下側が太っているように見える人が増えています。

太った顔を戻す2つの方法

太ったと感じる顔を小顔にするための解決策として、特に効果が高い方法が2つあります。

それはエクササイズと、エステです。

小顔エクササイズ

顔の筋肉は、普段の生活の中でたった30%しか使われていないと言われています。

たしかに、顔の筋肉は意識していなければ、何かを食べるときや、会話をするときにしか使っていませんよね。

普段あまり意識して使うことがない顔の筋肉を、エクササイズで意図的に動かすことで小顔になるということです。

小顔になるエクササイズのポイント

小顔になるためにエクササイズで大切なことは、動かす筋肉を意識するということです。

筋肉は動かすことで引き締めることができるので、まずは意識する筋肉を確認していきましょう。

意識したい3つの顔の筋肉

頬骨筋:口と頬の間をつなぐようについている筋肉。口角を引き上げることで動かすことができる。

頬筋:口と顎の関節をつなぐようについている筋肉で、口角を外側に引くことで動かすことができる。

笑筋:口と顎のエラをつなぐようについている筋肉で、口を横に伸ばしたときに動かすことができる。

この3つの筋肉を効率よく動かすことができるのが、あいうえお体操です。

3つの筋肉を動かすということを意識して、口を大きく開けながら、「あ・い・う・え・お」と声に出して言ってみましょう。

このエクササイズを毎日1分やるだけで、顔の筋肉は驚くほど引き締まってきます。

小顔エステ

太った顔を解消できるエステにもさまざまな種類がありますが、小顔エステ小顔整体が一般的です。

小顔エステをうけることで、むくみをとったり、たるんだ顔の筋肉を引き上げる効果が期待できるため、理想の小顔に近づくことができるということです。

小顔エステを選ぶ3つのポイント

小顔エステもたくさんありますので、選ぶポイントを3つお教えします。

1:有名かどうか
2:効果の評判がいいかどうか
3:値段は妥当かどうか

個人的意見かもしれませんが、有名かどうかは重視したいポイントです。なぜならCMなどで目にする機会が多いような大手のほうが安心だからです。大手であれば、たくさんの口コミが公開されていますので、効果についての評判を調べるのも簡単です。

また、全国にチェーン展開しているような大手であれば、価格を抑えることもできるので、より安くサービスを受けることもできるでしょう。

まとめ

今回は、顔が太る3つの原因と、その対策をいくつか紹介いたしました。

あいうえお体操などは、今すぐにでも始められる小顔対策だと思いますので、ぜひ日常に取り入れてみてください。