お肌の乾燥対策!シアバターの効果とは?

乾燥肌がもたらす様々トラブル

肌が乾燥する、というのは美容にとって良くない影響を与える大きな原因の1つです。なので、季節を問わず、お肌の乾燥で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

肌が乾燥してしまうと、本来持っている肌のバリア機能も弱くなり、肌の新陳代謝が低下し、細胞の生まれ変わりの周期が乱れてしまうことになります。

そして大人ニキビや肌のたるみ(ブルドッグフェイス)、小じわや毛穴の開き、といった様々な肌トラブルへとつながってしまうのです。また、毎日「化粧ノリが悪い」と感じたり、肌老化が進行しやすくなったりといった形で常に頭を悩ませてしまう深刻な問題となります。

また、冬になると口元のトラブルも大きなりがちです。例えば唇の潤いがなくなって荒れてしまったり、縦線が際立ってしまい口紅やグロスなどによるリップメイクが映えないといった問題も出てきます。見栄えだけでなく、口の周りがカサついてヒリヒリ感や赤みが出てしまうといった皮膚自体に問題が出ることもあるでしょう。

また、顔だけでなく、体の皮膚の乾燥も深刻です。例えば冬になると体が乾燥して、粉を吹いてしまったり、強いかゆみが出てしまい、そのまま掻きむしってしまうこともあると思います。

それを避けるためにステロイドなどで抑えようよすると、ある程度であれば効果がありますが、それが習慣化してしまうと、逆に症状が悪化してしまう可能性もあります。

さらに、手足の肌乾燥も重大な問題です。特に手の甲が乾燥してガサガサになると、かなり老けた印象を与えてしまいますし、かかとや肘や膝の角質が硬くなってしまうと、ザラつきやゴワゴワが気になるようになります。

他にも、頭皮が乾燥すると頭皮環境が悪化してしまい、薄毛や抜け毛の原因になりますし、髪の毛が乾燥すればパサつきやごわつき、またうねりや広がりなどにつながり、扱いにくい髪質になってしまいます。

なぜ乾燥肌になってしまうの?

ではなぜ、肌が乾燥してしまうかといえば、その原因は生活習慣の乱れ、スキンケア不足、コラーゲンの現象と様々です。

コラーゲンは20代後半から少しずつ減っていくものですが、多くの場合、その時期から肌の乾燥にまつわるトラブルも増えていきます。老化や運動不足による新陳代謝の低下、スキンケアが行き届いていない、といったことも乾燥につながります。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が不活発になると健やかな肌を保てなくなります。また紫外線を浴びたり、「体の冷え」も症状を悪化させる場合もありますし、ダイエットによる食事制限や栄養バランスの偏りも原因となりえます。

また、乾燥肌だけでなく、肌が敏感な人は、そういった様々なダメージによってコラーゲンが破壊されてしまうので、敏感肌と乾燥肌の両方を意識してケアをする事が必要です。

シアバターは乾燥肌にどんな効果があるの?

そういった様々な乾燥の悩みに対して改善効果が期待できる、といわれているのがシアバターです。シアバターは植物性の油脂で、保湿力が高く、肌の潤いを逃がさないという性質を持っています。

シアバターをどういった形で使用するかといえば、一般的に、顔に使用する場合はスキンケアの一番最後に仕上げとして塗ります。化粧水などで肌を整えた後に、口元や頬や目元などとくにカサつきが気になる部分に使用しましょう。

唇や口元のケアとして使用する場合はたっぷりとシアバターを塗り、その上からラップで覆いパックのように保湿をするという方法が良いでしょう。シアバターのテクスチャーは硬めの固形状になっていますので、お肌の上で自然に溶けてなじんでいきます。

そういった性質から、ボディケアとして使用する場合は、お風呂から上がってまだ体温が高い状態のタイミングで塗るのおすすめです。もちろん顔だけでなく、ひじやかかと、腕や脚など、乾燥が気になる部分に塗るのも問題ありません。

体温で速やかに浸透していくと思います。また髪の毛にも使えるという、全身に使えるという使い勝手の良さが、シアバターの魅力でもあります。

シャンプー後の濡れた髪の毛に馴染ませればトリートメントオイルのような感覚で使えますし、乾いた髪の毛に塗ってスタイリング剤として使用するのもおすすめです。

ただし、つけすぎてしまうと、油脂ということからベタついてしまう場合がありますので、つけすぎないようにしましょう。あくまで適量を馴染ませるというのがポイントです。